ココナツ削り器

e0024345_21163865.jpg



先日のカグマンでのBBQ時の1コマ。



ココナツ削り器というのかどうか・・・

よく銭湯にあるような腰掛を余った木材で作り、その股のところにギザギザした金具が付けてあります。
そこでココナツの殻の内側に付いている白い部分をゴリゴリゴリゴリ。



ファミリーがやっているのを見て、リュウトも「やらせてくれ~・・・」と。


ゴリゴリ、ゴリゴリ・・・



削れたものを受ける器が、弁当の容器というところが何とも・・・
この再利用の精神、大事ですな。。。




で、削れたココナツは自分で食べても良し。
料理に混ぜても良し。



この時は、そこらに放し飼いにしてあるニワトリの餌にしてました。


この作業の後、ニワトリに餌を撒くのも楽しんでいたリュウトでした。






ちなみに、ココナツの中身はソフトボールくらいの大きさの固い芯を
繊維質の胚というのか何と言うのか・・・が覆っています。

よく木に付いている緑色のものはまだ若い実で。
成熟しきったものは茶色くなって地面に落ちてきます。

振るとジュースが入っているのが分かりますが、そのジュースはこの芯の中に入っています。





リュウトはこの作業をしてみたいがために、親戚の兄ちゃんに「もう一個割って・・・」と懇願したのですが。
僕は「割るのも手間がかかるから・・・」と言ったのですが、その兄ちゃんは「大丈夫だよ~」と。

ツルハシを地面に突き刺して、刺さってない方の先にガンガンとココナツをぶつけて実を割って。
芯を取り出すべく素手で周りの繊維をガシガシと剥がし。。。

あっという間に真ん丸い芯だけにしてくれました。



リュウトもその内、自分でココナツの実を拾ってきて割れるようになるんだろうな・・・と。
たくましくなってくれ。。。







ちなみに、上の写真でリュウトの背後に写っている建物がファミリー手作りの家です。
サイパン風な昔ながらの家です。

家まで作っちゃう(と言うか建てちゃう)ところが本当に凄いです。。。













daisuke 34

[PR]
by daisuke_yanai | 2010-05-11 21:51 | 家族 | Comments(0)
<< 子どもの特権 カグマン >>