素晴らしき日々





e0024345_1112979.jpg





Nikon D300, 70-300mm F/4-5.6D
1/3200, F/5.6, at 300mm, ISO 800.




ここ数日サイパンは天気が悪い。数日と言うか、もう1週間を過ぎるかも。

昨夜の日本のニュース番組内の天気予報で「熱帯低気圧」と出ていたもののせいで、
この低気圧に向かって流れ込む雲の帯がとても長く、サイパンだけでなくマリアナ諸島を含めて
ミクロネシアの広範囲に渡って天気が悪かったであろうに違いない。


とか言ってる間に、台風12号と化したらしい。



まぁダイビングをする上では曇っていようが晴れていようが、海が穏やかであってくれさえすれば・・・
お客様ダイバーを海にご案内する立場の僕としては、何も文句はないのだが。

その時にいらしている方々には残念ではあるとは思うが、自然相手のレジャーである以上
それも含めてダイビングである・・・と、受け止めて頂くしかない。

晴れていて強い日差しが差しこんでいるとか、水がもの凄く抜けていてどこまでも見通せるとか・・・
それはあくまで余剰な要素であってダイビングそのものに含まれているべき要素ではないはず。



晴れていようが豪雨であろうが、その中でダイビングを楽しめる様にお手伝いをするのが僕の仕事・・・
というか、お手伝いなどという遠回しな言い方をせず、ご批判を恐れず申し上げるならば、
ご指南という言葉の方が合っているかもしれない。

それでダイビングを楽しんで頂けてこそ、僕がダイビングをしている甲斐があるというもの・・・。


とまぁ、僕の持論はさておき。







また僕の子らの話で申し訳ないですが、この悪天候の中でも彼らは練習を休まない。
休ませない。


子どもらが練習をしているプールは長水路(50m)であって、
これは非常にありがたい事であると僕は思うのだが・・・

日本と違って「全天候型」でないのは、ここサイパンではある意味致し方ない事であると。


練習は主に午後の時間帯はあるものの、晴天の日の午後の日差しはもの凄くきつく
泳ぎながらでも日焼けしてしまうほどである。
もう既に慣れっこの僕の子らでも真っ黒になる。

練習中は水に浸かっているのだからそんな暑さなど逆に気持ちが良いくらいではないのか・・・
と思ってしまいがちだが、全力で練習をこなしている彼らの身体は完全燃焼していて
日本の室内プールであれば湯気が立ち上るくらいに熱くなっているはずであり。

そこにこのサイパンの日差しは過酷と言えよう。



逆にここ最近の様に天気も悪く風も強かったりするとプールの水温は下がり
常に泳ぎ続けていないと身体が冷え込んでしまう。
泳ぎ続けていても冷えてくる。


豪雨の中ではその雨が痛いくらいに顔や身体に衝突してくる。
風で水面はざわつき、向かい風の際にはいくら泳いでも押し戻される感じであろう。



そんな中でも必死に練習を続ける彼らの姿を見て、僕は日々の活力を得ている。



どうして今日はこんな事を書こうと思ったかと言うと、
ここのところのダイビングでの自分が、かなりめげていた部分があったところに・・・



昨日は豪雨の中で練習する子どもらの姿を見て、泣けてきたからだ。
次男ヒロトは立ち上がれない程に練習に臨んでいる。


なんでコイツらこんなに頑張れるんだ・・・
こんな状況の中でもガンバレガンバレと言い続けている自分は、頑張っているのか・・・と。


よく、頑張りま~す!とか言っているものの、それでMAX頑張ってるのか?と。





自分の身体もキツイ、確かにキツイ。
でもまだキツイキツイと言っていられる程度だ。




たかだか天気が悪いくらいで、寒いくらいでウダウダ言ってどうする。
多少天気が悪かろうが、雨風で寒かろうが、それくらい我慢してダイビング出来る。
そんなの我慢のうちにもならないかもしれない。




誰かの為に頑張る・・・我慢する・・・



それで良いのではないか。



それが今の自分に課せられた宿命であり、それが僕の暮しになり、いつしか人生になる。



こんな日々を送れる今の自分がいかに幸せなことか。
それがいつまでも続く事もないと覚悟も持ちつつ、でもとりあえず今は
感謝の念を忘れず生きていくしかない。



ダイビングをして、写真を撮って、子どもらを見つめて。















今日は久しぶりの休みだったので、頑張って書いてみました・・・。笑








写真は以前に撮ったものをレタッチし直したもの。
この時から、彼らは頑張ってたんだよなぁ。












daisuke 35

[PR]
by daisuke_yanai | 2011-08-25 12:58 | 家族 | Comments(4)
Commented at 2011-08-26 14:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by daisuke_yanai at 2011-08-27 19:12
>鍵コメントat 2011-08-26 14:15 さん

ご連絡ありがとうございました!
改めまして私信にてご連絡させて頂きます。
Commented by mash at 2011-08-30 01:08 x
子供にかけてる言葉って 
ほとんどが自分に向って発してるような気がします。
子供を通して自分を見せてもらってるっていうか。。。

愚痴や不満が出てきたときは まだまだ余裕なんやなって思う^^;
とにかく必死!!って時を経験した時期は
愚痴をこぼす余裕なんてなかったもの。。。

親も子供に育てられてる気がします。
同じく感謝☆
幸せを当たり前に思わず 日々成長していきたいね♪
Commented by daisuke_yanai at 2011-08-30 15:53
>mashさん

コメントありがとぉ~

ホントに・・・親も子どもに育てられてますね。。。笑
mashさんはお母さんだから、僕以上に色々と大変だったことでしょうね。

実感こもってます。。。
<< shade 'n sand. the CHASE for 1... >>