Photo by Kaito.




e0024345_2362892.jpg




Photo by Kaito.



今日、知人の所属するサッカーチームの試合があるとかで。
撮影の練習も兼ねて撮らせてもらおうと。


日曜の午後に、退屈しているカイトを連れて行った。
付いて来るか?と聞いたら、「行く」と言うので。



そろそろカイトにも少しくらいはカメラを触らせてやらねば・・・と思っていたので。
ちょうど良い機会だし、「これ、持ってけ」と。

とりあえずカメラのスイッチの入れ方と。
レンズに付いているVR(手振れ補正)のスイッチのON/OFFを教えた。


後は「半押しっちゅうのがあるんや」と。






帰って来てどんなん撮ったんかいな・・・と見てみると。
サッカーのシーンが殆どの中に、僕が写っているものがあった。

知らぬ間に、こんなの撮ってたのか。



プレイシーンもそこそこ良いセンスで切ってたけど。







よくよく思い出してみると、僕も最初にオートフォーカスの一眼レフカメラを
親父から触らせてもらったのは、今のカイトくらいの時だったか。
いや、もう少し早かったかな。

もちろん当時はフィルムではあったが、あのピピッというフォーカス音がカッコ良くて。
そうか、ピント合わせてからカメラ(ファインダー)動かすのか・・・とか、思ったような。






子は親を見て育つ・・・とはよく聞くが。
別にカイトにカメラを趣味にしてほしいとも思わんが・・・
(お金かかるしね)



ちょっと嬉しかったりもした。





僕がやっている事を、よくかどうかは分からんが、
見てくれているのかな・・・とか。








記念の一枚になりました。










daisuke 36

[PR]
by daisuke_yanai | 2012-12-02 23:22 | 家族 | Comments(2)
Commented by ひろこ夫 at 2012-12-03 23:01 x
こんばんは。

カメラが紡ぐ父子のつながり・・・

素敵ですね。
Commented by daisuke_yanai at 2012-12-04 12:48
>ひろこ夫さん

コメントありがとうございました!
そうですね・・・何と言うか、親父が僕の泳いでいるシーンとかも撮ってくれてましたからねぇ。で、今サイパンで僕が息子の泳いでるシーンを撮ったりして。

やっぱり何かカメラと縁があるんでしょうか。笑
あると信じたいですね。
<< daisuke 37. Love December. >>