~超ゴーマニズム潜言~

僕の好きな漫画家(というか思想家と言って良いのでしょう)に「小林よしのり」という人がいる。で、その人の造語で「ゴーマニズム」というのがある。以下、著書からその説明文を引用させて頂くと・・・

自分の直観と常識をたよりに「傲慢だとわかっているが、それでも敢えて言っておかねばならない」という思いを思想化したもの、それがゴーマニズム宣言である。

非常に面白くて、僕は大好きだ。今の僕を語る上で彼の作品との出会いなしには語れないくらいである。

で、僕もそれをもじらせて頂いて、タイトルにもある「超ゴーマニズム潜言」たるものを勝手に提唱させて頂いている。笑。これは普段、一ガイドダイバーとしては職業柄「普通はそこまで言えないよな・・・」と思う事、感じる事、信じる事を、敢えて語らせてもらう・・・というものである。
e0024345_1927966.jpg

さて、まだこのブログをスタートして数日というのに、想像以上にたくさんの皆さんにご覧頂いているので、今日は僕の結婚記念日でもある・・・という事で(?)奮発して今まで僕のデジカメで撮った水中写真の中でも数少ない会心の一撃の一つをアップさせて頂く事にしました。見よ!この頭の煌びやかな色!記念日にふさわしい一枚ですな。ちなみに、これは未公開作品なり。笑

で、ここで早速申し上げておきたい事があり、その為に今回の前置きにおいて「超ゴー潜」をご紹介させて頂いた次第である。

上の写真、確かにキレイには撮れているとは思うのですが・・・・
「なんだよ、ガイドダイバーのくせにこの程度で会心の一撃かよ・・・?」と思われる方もいらすかもしれません。
そう思われる事程心外なことはございませんので言い訳がましくなりますが申し上げますと、僕のカメラ(愛機)ではこれが限界なのだ・・・。
と言う訳で、僕の愛機もご紹介・・・・
e0024345_19413231.jpg

既にあまり目にする事もなくなったこの2.1メガピクセルのこのカメラとプロテクタ・・・・このブログで紹介させて頂く水中の写真は殆ど、と言うか全てこれで撮っている。

ズバリ、最近の機種なら上に紹介した魚の顔のドアップだって撮れるのだ!

と言う訳で、ここからがやっとこさ本題です。笑
昨今のダイビングシーンに氾濫しているコンパクトデジカメ・・・。だが、それらを使いこなしていわゆる「上手く遊んでいるダイバー」は殆どいない。良いカメラ、良い装備を使えば上手く撮れると信じている人も多いが、そう信じ込ませている普及のさせ方にも問題有り!
その弊害として、早くからデジカメだのを持ち始めてダイビングをしてしまったが為に、何十本、何百本と潜ってもレベルはビギナー・・・という現象が如実に現れている。

ごーまんかまして よかですか?

楽しければ、身を危険にさらしても良いのか・・・?!
そのデジカメとプロテクタのみという本来の機能でもってして、一体どんな絵が撮れるのか把握しているのか?!
デジカメという道具を活用して、上手くダイビングしているか?

そもそも、コンパクトデジカメのコンセプトって何だったか・・・考えてみた事があるかぁ~~?!



と言う訳で・・・少々熱くなりがちな僕チンですが・・・「超ゴー潜」まだまだ続きます。笑
今後とも宜しくお願いします。
[PR]
by daisuke_yanai | 2005-07-15 20:22 | ダイビング
<< 連続更新ならず・・・ おめでとぉ~!スコット、アッちゃん。 >>