親心

e0024345_18165528.jpg

今日は四男「ケンシロウ」の誕生日なのです。

ケンシロウよ、一歳、おめでとう!

で、明日は僕の誕生日である。

三十路、ありがとう・・・。笑


子を思う親心とはどんな生き物も同じらしい。
この写真のハナビラクマノミにしかり。せっせと世話をしている。
卵の一つ一つに新鮮な水が行き渡るように。
健気な作業である。

クマノミはオスが卵の世話をする。自分の子孫を産んでくれたメスへの恩返しのつもりか・・・。僕もオムツくらいは取り替えるが・・・全く頭が下がる思いである。笑


さてさて、これをご覧になって頂いている方でデジカメをお持ちになるダイバーの方の為に、クマノミの写真の撮り方のコツをば少し。

クマノミのようにある程度決まった範囲だけを行ったり来たりするモノを撮る場合は、それを追うのではなく、戻ってきそうな所に構えて待つのがコツ。この写真の場合は卵。
だが、そこに来てからシャッターを押し切ったのではその瞬間が撮れない。

で、デジカメの場合大事なのは「半押し」
半押しの状態でピントなどは予めその場所、もしくは少し手前で合わせておく。
そして画面にモノが入ったら残り半分を押し切る。そうするとその瞬間が撮れるという訳。

卵と一緒に写っているクマノミの写真が多いのは、何も決定的瞬間を抑えたものではなく、その方が撮り易いからである・・・と勝手に思っている。


という訳で、これからも三十路大介を宜しくお願いします。
[PR]
by daisuke_yanai | 2005-12-04 18:19 | ダイビング
<< 2006年スタート 紅 >>