無欲の産物

e0024345_20474092.jpg

この写真(セダカギンポ幼魚)は僕が愛機を手にして、確か2本目に潜った時に撮ったものである。

その時はまだ、自分の愛機でどの様なモノが、どの程度に写るのか・・・しっかりと把握出来ていない時だった。

休みの日に「試しにラウラウでも行ってみるか・・・」と、特に狙いも定めずに潜ったのを覚えている。そういう無欲な状態で水中をフラフラしている時にこそ、良い瞬間・良い出会いがあるのだ。

このセダカギンポの幼魚にも偶然出会って、サンゴの隙間へと逃げて行ったのであるが。。。
今の僕だったら撮気(殺気)が先走り、もっと奥へ姿を消していたかも知れない。
が、当時の僕は「どれくらいに写るのかな・・・」とさして良い絵は期待していなかったのかも知れない。。。
その結果殺気が薄れて、コイツも撮らせてくれたのかなぁ・・・とも思う。

フラッシュの当たり具合を確認しながら、何枚か押したうちの一枚である。



それ以後、ここまでの幼魚を激写出来る機会は訪れなかったのである。。。笑
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-01-10 20:49 | ダイビング
<< サンダーマスク ~激写の裏話~ 壮絶な最期 >>