サイパン選挙戦スタート

サイパンでは、そろそろ選挙が行われるようである。

確か2年に一度くらいだったと思うが・・・公示期間中となると島のあちこちに看板(いわゆる、誰々に清き一票を!みたいな)が立てられる。特に厳しい規制がありそうでもなく、立て方、大きさ、色々である。中にはボートを引っ張るトレーラーに看板くっつけて放置してるものまである。
特に幹線道路脇には多数立てられる。

私事ながら、僕の場合嫁がローカルと言う事もあって何かとローカル扱いになる場合もあるのだが、僕の選挙権に関しては誰に何かを言われた事もなく・・・無いものと思っている。(実際無いでしょうが。)
サイパンに7年以上住んでいる者として本当はそれではイケナイのであろうが、サイパンの事はサイパンの人にお任せ・・・的な節がある。日本でも同じかもしれないが、ことサイパンでも誰が上に立とうがあまり違いは無いんでしょう?みたいな・・・。

と、無責任極まりない事を言っているが、それでも自分としてはサイパンの生命線とも言える観光業の一環であるダイビング業界を、微力ながらでも支えている・・・という自負はある。

これまた僕一個人の意見として述べさせて頂くと、サイパンの選挙というのは高校で生徒会長を選ぶ、もしくは生徒会役員の信任投票をする・・・という程度にしか見受けられない。何故なら、その選挙の裏側にはその候補者の「ファミリー」の存在が見え隠れして止まないからである。もう暫くして投票日が近づくと、沿道に候補者と共にその家族(遠い親戚まで呼んできてその数は凄い)が拡声器、横断幕やら小旗などを持って立ち並ぶのである。小さい子どもらまで駆り出されて「ウチのファミリーはこんなに大きいのですぞぉ~!」と言わんばかりに、家族対抗歌合戦以上に盛り上がるのである。候補者同士の戦いのはずが、大家族間での戦いの様相を呈してくる。

例えて言うと、(仮に生徒会長に立候補した二人が共に男子として)生徒会長が野球部から出るか、サッカー部から出るか・・・部員数と、女子生徒の支持でもって決まってしまいそうな勢いに近いような気がする。

これまたもの凄い偏見かもしれんが、つまり自分のファミリーから偉い人が出れば・・・そのファミリーは安泰なのである。上の人間が変わればその下の人間まで変わってしまう・・・家族で固めてしまおうという訳である。だから候補者のファミリーは躍起になるのだ。

さて、そういった事情も加味して話を冒頭の看板に戻すとします。
もし、仮に僕が選挙権を得たら誰に投票しよう・・・どのみち政策に大きな違いがある訳でもなく、僕がどこかの役職に抜擢される事も無かろうで・・・

そうだ、看板を見て決めよう!

という訳で、上の看板にご登場願った。もの凄いインパクトである。この際、政策やら人柄は気にしない。普通にネクタイ締めてニッコリと笑って偽善者に見えがちな看板が多い中、この方は立派に刈り込んだヒゲを携えているだけでなく、似合う似合わないを気にしないかの如きマーマー(花を織り込んだ輪。これはサイパンでは正装として用いられる)をしている・・・。BBQの食べ過ぎか、ビールの飲み過ぎかは知りませんがお相撲さん並み、いやそれ以上の体格。

僕の一票を託してみたい!と思える看板である。

ちなみにこの看板、出勤途中に毎日目に飛び込んでくる。最初はその、どう見ても無理な作り笑いにビックリしてハンドル操作を誤りそうにもなったが、今はこの看板を一日一回は見ないと落ち着かなくなってきた。。。
普通に、もしくは睨みつけるくらいの方が背筋が伸びて安全運転に繋がりそうだが・・・。

それは冗談としても、毎日この道を車で通る人で、僕と同じように感じている人は少なくないはずである。
でも、それで本当に票が伸びたら・・・・・この看板の効果たるや、絶大なものである。

この候補者、そしてこの看板を立てたファミリーに乾杯!
[PR]
by daisuke_yanai | 2005-07-21 19:14
<< 僕のブログに関して 長編 ~月の裏側~ >>