曇り空に想う

ここ数日は台風の影響か、ずっと曇りが続いています。
時折雨も降るので道には常に水溜りがあるような状態です。

さて、こんな天気の日には時折思い出す事があります。この写真を撮った日の事です。
小雨の降り注ぐ中でのダイビングでした。空も薄暗く、水中にはもちろんいつもの明るさはありませんでした。が、逆にそれが功を奏したのでしょう。
e0024345_19193341.jpg

これはクマノミという魚の一種です。クマノミは一般的にイソギンチャクと一緒に、と言うかそこを棲みかとします。他の魚は近づけないのですが、彼らは体の表面がイソギンチャクに触れても大丈夫なように進化したのだそうで、そこで外敵から身を守っているのです。

が、この種は他のクマノミと比べても大型である為、そう簡単に食べられてしまう心配がないのでしょうか・・・度胸がありまして、その棲みかであるイソギンチャクから遠く離れて中層を泳いでいくという特徴があります。
この写真を撮った時も、イソギンチャクに来てみるとそのクマノミはおらず・・・「またどっかへ泳いで行ってるなぁ・・・?」と。案の定、そのイソギンチャクに戻ってきたところを激写させてもらったのです。
イソギンチャクに戻ろうと思うが僕が立ちはだかっている為に一瞬「!どうしよう・・・?!」と怯んでいるように見えませんか?

中層に浮かぶこのクマノミを、ちょっと薄暗い水中で撮ったからこんな風な絵になったんですね。
[PR]
by daisuke_yanai | 2005-07-23 00:00 | ダイビング
<< 休止宣言 僕のブログに関して >>