僕の親愛なる友人へ

e0024345_23143881.jpg

今日は一生のうちでも必ずや良い思い出になる一日であった。

僕がダイビングの仕事を始めたばかりの頃に出会って、それ以来色々と経緯を辿って交友を深めてきた友人とのダイビングだった。
仕事ではなく、バディとしてのダイビング。


僕が撮りたかった一枚を、彼が撮ってくれた。
とても嬉しかった。。。


普段は、当たり前だが全く別の世界で生きている彼と僕だが、このクダゴンベを目の前にして、少なくとも僕は、何か特別な一体感を抱いた。


彼から色々な話を聞いて、刺激を受け、またこれからも頑張る勇気と元気をもらった。
僕も彼にとって何かしらそんな存在であれれば良いのだが・・・笑。
まぁムリかな。。。

こういう気持ちになれる友人、出会い・・・って、そうそうあるもんじゃないだろうからな。


とにかく、ありがとう!
そして、これからも宜しく!



photo by PhD K
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-02-20 23:17
<< 愛機2号の活躍 クジラの声 >>