黒抜きテク

e0024345_23272258.jpg

デジカメなりフィルムなり自分で写真を撮り始めるまでは、真っ暗な背景に魚だけがポツッと浮き立っている写真を見る度に「どないして撮ってんのかいな・・・?夜じゃないやろうし(関西弁)」と思っていました。が、実際に撮ってみて「なるほど・・・」と思えるようになってきました。

要するに、背景に何も写り込まないように構えれば良いわけですな。
何か見えていても凄く遠い・・・とか。フラッシュが当たりきらなければ良いわけです。
被写体だけにフラッシュが当たる・・・そうすればこんな風に写るのです。

ただこれも色々な要素がありまして・・・
例えば、オブジャンみたいに明るい海でハタタテハゼを狙ってもこんな風には写らないでしょう。
背景を青くする事は出来るでしょうが、ハタタテハゼそのものも明るい所に居るわけですからフラッシュが当たった時の感触(発色)が薄い。。。なんだか白っぽい絵になるはずです。

かと言って、暗すぎてもピントを合わせにくい。ターゲットライトという手もありますが、逆にライトが当たっている所だけ色が出て、そうでない部分は青くなったりしがちでしょう。ビデオライトも威力がありそうですが・・・寄れないでしょうし。笑

浮き立つ様な絵を撮るには、そこそこの暗さと背景が写り込みにくい場所を選ぶ必要があります。そういう場所に居てくれないと撮れないのです。
逆に、そういう場所で狙えば・・・あとはカメラが勝手に撮ってくれますよ。最近のデジカメは賢いですからね。笑


サイパンには、上手い具合にそういう場所があるんですねぇ。。。
しかもハタタテハゼがたくさんいる。。。
そこへ行けば、ほんの少しのコツを掴むだけで誰でも「浮き立つ絵」が撮れるはずです!
そのコツとは・・・今度お会いした時にお話させて頂きましょう。笑
(そんなもったいぶる程のことでもないですがね)

ところで・・・・
この上の写真、どこかで見覚えないですかぁ?
ハゼがお好きな方なら一発でピンと来るはず。。。笑
ま、「全ては模倣から・・・」と言いますからね。(あ、でも逆向きか・・・笑)
基本でしょう。


とにかく、ハタタテハゼを上手く撮れないとシコンハタタテハゼは更に手強いですぞぉ~!


daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-06-21 23:32 | ダイビング | Comments(2)
Commented by frappucci at 2006-06-26 10:18
見たいと思っていたハタタテハゼを、初めて見れたのがサイパンでした。
そしてそのときは、ダイビング前にカメラを落として壊してしまい、
カメラナシのダイビングでした。
今でもあの時撮りたかった~!と、サイパン、を思い出すたびに
思い出します。どこだろう?一杯居るところ。サイパン行ったら
連れて行って貰わねばですね(笑)フラプッチが撮り損ねたのは
確かウィングビーチとかいうところだったような。←めったに覚えない
ポイント名まで覚えている…
Commented by daisuke_yanai at 2006-06-26 18:51
こんにちは~。ハタタテハゼ、サイパンでもたくさん見られますよ。今度はじっくり撮ってくださいね~☆
<< 影武者 コンデジ、侮るべからず・・・パート2 >>