風邪引くまで粘った魚

e0024345_19383931.jpg

コイツはイロブダイの幼魚であります。

ダイビング雑誌なんかでもかなりアイドル的扱いを受けていますが、サイパンでもご多分に漏れず僕も是非とも激写したい!と思っていた魚です。

数的にも少ないのです。常夏のサイパンでも春から夏にかけてしか出会えません。(これは冬場には存在しない・・・という事を意味するのではなく、いるかも知れないけど目に付く所にはいない・・・という意味です)

ちなみに、成魚もめったに見かけません。
幼魚がそれだけ少ないという事は、必然的に成魚も少ない訳です。


というワケ有りの魚である為、ガイドとしては是非とも一枚ゲットしておきたい魚なわけです。。。


先日ラウラウに、コイツだけを狙いに2本、しかも75分ずつも続けて潜ってしまいまして・・・
いくら春になったとは言え、まだ水温が上がりきる前で・・・

案の定、風邪を引いてしまいました。。。ホント、減圧症になったかと思いました。


ガイドのくせに、そこまで粘ってこの一枚か・・・と言われても仕方ない一枚ですが。。。
次回こそは激写してみせますのでご勘弁ください。



ちょっと欲張りすぎた感があったな・・・反省



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-04-20 19:40 | ダイビング | Comments(0)
<< 潮田伝五郎置文 リゾートのイメージ >>