未踏の地へ 2

前回の続きです。
忘れないうちに書いておきます。笑

e0024345_21441679.jpg


先日のダイビングでは、水深70mでも感覚的(体への窒素の影響面という意味)には水深40mにいるのと同じくらいなものでしたので(勿論これはそうなる様にガスを設定して頂いたからです)、案外冷静にいられました。
テクニカルダイビングにおいては本来、そこを「30mにいるのと同じ感覚で潜れるように・・・」と設定するのですが、今回は諸事情により、そこが40mだったのです。


水深70mの世界は、テニアンでは想像していた以上に明るく・・・華やかで静かな世界でした。
途中、水温が急に冷たくなっている層がありましたが、そんな事が気にならない程に興奮していた気がします。

見上げると、普段見下ろしていた崖(壁)がかなりの威圧感でもってそそり立っているなぁ・・・と。
ここをまた上がって行かないといけないのか・・・とも思いました。笑

見渡すと、普段見慣れている魚もそこかしこに。ヨスジフエダイも群れていたりして「キミら、えらい深い所にもいるんだね。。。」と。
アオスジスズメダイがやたらと多くて、青い光の集まりがとてもキレイに見えました。ホント、ネオンが光っているみたいでした。

もちろん、ヘルフリッチはウジャウジャでした。ハタタテハゼもいたかなぁ。。。という位に、ヘルフリッチばかりが目立っていました。その他にも、いわゆる「深場系」の魚が普通に見られました。
(当たり前ですね。笑)

そして、何よりも感激したのが・・・アケボノハゼ
70mでも普段と変わらない感覚で探せていた自分にも驚きましたが、結局3個体。その内2匹はペアでした。今まで写真と映像でしか見たことがなかったので、遂に対面を果たしたか・・・という感じでした。
残念ながら、水深が水深だけにカメラは持って行きませんでした。

でもこれで、サイパン(テニアン)にもアケボノハゼがいる・・・という確信を得る事が出来ました。
もともと、生息していても何ら不思議な話ではないのですが。。。
サイパン(テニアン)では「とりあえず深い」という事です。


冒頭の写真は減圧中に撮ったものです。
MAXが69.5になっていますが、これはボトムでも冷静に「一応計画は70mだから、セオリー通り少し余裕を持って・・・」と思って敢えてそこで止めました。コンピューターによっても多少の差があるという事もありますので。。。
この期に及んで、「俺はこんな深くまで行ってきたぞ~」と喜んで載せてる訳ではありませんよ。笑
他にネタに使えそうな写真を撮れなかったので。。。

ちなみに、この写真のコンピューター表示(減圧指示)は、トライミックス、EAN、酸素を使った今回のダイビングにおいては、何ら意味を持ちませんので誤解なさらないように。。。
テクニカルダイビングで必要な情報は、基本的にボトムタイム(潜水時間)と水深のみです。それを頼りに計画通りに浮上してくるだけですので、今回はボトムタイマー代わりに使っただけ・・・という事です。


長々と失礼致しました。

最後に、こうしてテックダイブをする機会を作って下さったK氏には心から感謝申し上げます。
また更なる未踏の地へ・・・ご一緒させて下さい!



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-09-13 21:48 | ダイビング | Comments(4)
Commented by えりりん☆ at 2007-09-14 20:34 x
すごいですね!!

水深70かぁ… 30にもたどり着けないあたしには未知な世界です(笑)

海って地球ってすごいなぁ。人間はやっぱりちっぽけなんだな。 って思います(o^_^o)
さらなる未知な世界の発見を楽しみに待ってますね! 隊長ぉ(笑)
Commented by daisuke_yanai at 2007-09-15 01:27
>えりりん☆さん
副隊長殿、お久しぶりで~す!コメントありがとうございました☆

確かに、通常ではありえない深度ではありますが・・・
別に深ければすごい・・・というモノでもないのですよ。。。笑
たまたま違う種類のダイビングを始めたという事です。

浅くてもそこには未知な世界がまだまだありますので、深さにとらわれる事なく、貪欲に「未知なるモノ(世界)の発見」に努めましょう~☆

新たな発見を追及しようとする、その行為こそが大事なんでしょうね・・・
Commented by ドリフトふくろう at 2007-09-19 17:33 x
あっ!そっかー!100mまでOKなハウジングが必要・・・って調べたら高い!!!アケボノさんに39.9mくらいまで浮上するように伝えてください・・・大ちゃん!ドンドン未知の世界でいいなぁ!!笑
Commented by daisuke_yanai at 2007-09-19 18:26
>ドリフトふくろうさん
コメントありがとうございました!

そう、先日も僕の愛機はブイの付け根に縛り付けて行きましたからね。仮に深場に持って行けたとしても、脇にステージボトルをぶら下げての撮影は困難を極めますよ。会心の一撃・・・とは行きそうにもありませんね。笑

ちなみに、水中ライトも普通のだと潰れちゃうそうです。。。
<< 深場系 未踏の地へ >>