カテゴリ:未分類( 31 )

a scene of the event.




e0024345_2243247.jpg





Marianas Next Top Model 2013











daisuke 37

[PR]
by daisuke_yanai | 2013-04-02 22:05 | Comments(0)

Christmas Beauty.




e0024345_19531247.jpg




Model: Holly




キレイな夕焼けをバックに、サンタガールを撮れるサイパンって。

最高。笑






daisuke 37

[PR]
by daisuke_yanai | 2012-12-25 19:57 | Comments(0)

vahoE. <light and shade.>




e0024345_20531175.jpg




vahoE.





自作アンブレラがよくここまで良い仕事をしてくれました。


傘 8ドル
銀色スプレー缶 $7

計15ドル。





結果、撮れた写真・・・




プライスレス。









daisuke 36

[PR]
by daisuke_yanai | 2012-08-29 20:53 | Comments(0)

Boyz, ver.3



e0024345_2231239.jpg




Nikon D700, AF-S 24-70mm f/2.8G.
1/40, f/5.6, 24mm, ISO400.





ver.3









daisuke 36

[PR]
by daisuke_yanai | 2012-04-18 22:39 | Comments(0)

余計な本能




e0024345_20123620.jpg





Nikon D300. VR 18-200mm f/3.5-5.6G.
1/1600, f/3.8, at 26mm, ISO 320.
with Nikon Capture NX2.









人間は夢を見る生き物である。

夢を見る・・・と言うと寝ている間に見るあの「夢」という意味合いにもなってしまうが、
この場合「夢を抱く」方の夢である。




犬やらネコやら魚やら・・・
はたして夢を抱くであろうか。


絶対に抱いていない・・・とは言えないかも知れないが、どう見ても夢を抱いて
それを叶える為に行動しているとは思えないので。
(全ての行為が子孫繁栄、生き抜く為のそれにしか見えないので)

この場合、仮に夢を抱いているとしても、夢を叶える為の行為そのものが
本能による行為、行動と言えるだろう。






が、人間は違う。






夢を叶える為の行為が、はたして生きて行く為に必要不可欠か・・・と言われると
決してそうではない。

夢など抱かなくても生きて行ける。




古代エジプト人達は夢を抱いたであろうか。
王族などの人々は夢と言うか野望と言うか、そういった類のものは持ち合わせたかもしれないが。
一生かかっても完成しないピラミッドの、ほんの一部分になるにしか過ぎない巨石を
一生かかって運んできては積み上げていた人々には・・・

夢を抱くことが出来たのであろうか。

それこそ、本当に眠っている間に見る夢こそが彼らにとっては束の間の「夢」だったのではないだろうか。
パンを腹一杯食う、冷たい水をお腹を壊すまで飲む・・・そういった事が夢だったのかも知れない。







現在を生きる我々は、叶うかどうかは別としても、少なくとも夢を抱くことは出来る。

ところがこの「夢を抱く」という行為。
これが時に、人生を狂わせ、はたまた人生をこの上なく幸福なものとする。

夢を抱くことが出来る・・・というのは、恵まれているとも言えるし、同時に不幸でもあると言えるかも知れない。
夢など抱かず、生き抜く為に必死に「生きる」ことに集中する一生というのも、
ある意味幸せかも知れない。


ただ、現在の価値観の下で生きる多くの人々は、
「夢のない人生など寂しい・・・夢を抱く行為こそが、人間の本能だ」と言うのではないか。
もしそうだとしたら、人間はいつからそんな余計な本能を身に付けたのか・・・と僕は思う。




寂しいもなにもない。
我々は与えられた一生という時間を、生きて行くだけなのである。





などと、こんな小難しいことを考えるのも人間だけだろうと思うが。笑





人の夢と書いて、儚(はかな)い、と読む。




昔聞いたフレーズなのだが、どうにも脳裏から離れない。














自分の人生などとは、かくも儚いものなのであろうか。











daisuke 36

[PR]
by daisuke_yanai | 2012-01-13 21:01 | Comments(0)

祝!復旧

e0024345_18402772.jpg

サイパンのメールサーバーに不具合が生じた一件ですが、無事に復旧した模様です。ご迷惑をお掛けした皆さん、誠に申し訳ございませんでした。
ただ、またいつダメになるかも知れないのがサイパンでありまして、油断は禁物であります。


さて、今日はひょんな事からマリアナリゾートに併設されている50mプールで泳いできました。
かなり久しぶりに、ちゃんと泳ぎました。
そんなに思いっきり泳いだつもりはないのですが、長年使っていなかった上腕から胸にかけての筋肉がスグに悲鳴を上げました。

泳ぎにはそこそこ自信はありますが、今日泳いでみて、ダッシュは25mが限界であることを悟りました。昔は(この場合の昔というのは、中学生の頃を指します)1日に何キロも泳いで、且つ殆ど毎日だったのに、今日は数百メートルをフォームが崩れない様に泳ぐのが精一杯。
なんとも、身体の衰え(老い)ほど悲しいことは無いかも知れませんね。

これからは機会を見つけては泳いでみるつもりです。
この歳にして自己ベストを更新出来るだろうか・・・その為にはかなりの精神力、トレーニング、減量等、生活そのものを改めないといけない事ばかりですが、自分的には、中学生の自分ごときに負ける筈ないと思うのですがね。


ところで、スイミングって水着とキャップ、ゴーグルくらいしか個性の発揮させ所が無いんですよね。当時から目立ちたがり屋だった僕は水着もさる事ながら色んなゴーグルを持ってました。キャップもたくさん持ってましたよ。水着の色に合わせて替えてたりしました。

写真は中学の頃使っていたアリーナのゴーグル。ケースには88という数字が入ってます。88年モデルなのでしょうが、およそ20年前ということになります。
よくこんなのが出てきたな・・・しかも保存状態も最高、と送ってくれた親父に感謝です。

ちなみにこれ、ソウル五輪(88年)で金メダルを取った鈴木大地が一時付けてて、それで欲しくなって買ってもらった記憶があります。。。

なんとも、金メダルの経済効果とは計り知れませんなぁ。。。笑



ミーハーdaisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-07-28 18:52 | Comments(2)

2人だけの紺碧

e0024345_2027391.jpg

こんな大自然そのままの海でプカプカ・・・
何とも贅沢な時間です。

そそり立つ崖だけが2人の時間を見守ります。

先日のテニアンでの一コマでした。。。


ちなみに、彼女の方は僕が講習させて頂いた方です。。。


daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-05-02 20:29 | Comments(0)

潜水艦現る!?

e0024345_1911055.jpg

潜水艦現る・・・・・ハズない。

これはテニアンにある奇岩、サブマリン・ロックと人は呼ぶ。
今の時期、午後にもの凄く潮が引いて姿を現すのだ。

ここまでキレイに潜水艦っぽく見たのは初めてかも。

世の中、不思議だらけじゃ・・・



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-05-01 19:11 | Comments(0)

のんびりな1日

e0024345_1932353.jpg

今日は朝のうちスコールが降りました。
通勤途中にワイパーを動かしたのも久しぶりな気がするな。。。

午前中はのんびりなダイビングスケジュール。
ラウラウ、グロットヘ。

いつもこれくらい海が穏やかだと、胃も痛くならないのだが・・・


子どもらは「イースターホリデー」とかで、学校は休み。なんかいつもホリデーばかりな気もするが・・・ま、先生も休みたいんでしょうね。

写真は先日行われた、次男坊の「エッグハンティング」の様子。
一通りの催し物が終わると、食事タイム。
こちらでは何かにつけて料理を持ち寄ってパーティー風なランチになる。見に来た親御さんも一緒に食べるのだが・・・
皆、ここぞとばかりに食べる。僕も以前は遠慮がちだったが、最近は「遠慮すると損」と分かった。
そんなありがたい風習に感謝しつつ・・・ご馳走になりました。
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-04-10 19:33 | Comments(0)

3月も終わりか・・・

e0024345_2043961.jpg

また来週とか言いつつ、既に2週間近く経とうとしてる。。。
もう、3月も終わりか・・・早ッ。

いよいよ夏らしくなってきたサイパンです。
海はベタ。太陽も高くなってきて空の青さがますます凄くなってきました。

そんな中、ふとマイブームが起こりつつあります。。。
それは・・・・・

卵ご飯!

サイパンに住むようになって、さすがにサイパンの卵は新鮮じゃないだろうから、敢えて卵ご飯は食べずにきましたが・・・
ココに来て、その味がどうしても恋しくなり・・・
遂に先日、食べちゃいました。。。

さすがに、一膳のご飯に一個をそのまま割る・・・というのはお腹に悪そうだったので、別の茶碗に溶いてから・・・一個の卵で2杯食べるつもりで分けました。

う、旨い・・・旨すぎる!!

醤油を少し入れて、韓国ノリで巻いて食う。。。これは家計にも優しく、僕の食欲を満たしてくれる・・・。

と、調子に乗って2日続けて食いました。しかも2日目は贅沢にも「ご飯3杯に卵2個」という割合。

案の定、トイレから出られなくなりました。。。

やはり、サイパンで食べる卵、特に生卵には注意が必要なんだなぁ・・・と思いました。
が、やはりあの味にはお腹を壊してまでも食うだけの価値がある・・・と、今日の晩飯も卵ご飯にしました。(子供らは別メニュー)

そろそろ・・・お腹がグルグル言い出しそうな気配ですが。。。まだ大丈夫です。


爽やかな写真とは全く無関係な話でしたが・・・

卵ご飯で感激できる生活・・・僕のささやかなマイブームなのです。
[PR]
by daisuke_yanai | 2006-03-30 20:43