<   2007年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

潮田伝五郎置文

e0024345_200093.jpg

今日は夕焼けがキレイだったので、居合わせたカイトと撮ってみました。
最近は学校から帰ると外に遊びにいってる事が多く、日焼けなのか汚れているのか分かりませんが、とにかく悪ガキの様相を呈してきました。
ま、親父が親父なので・・・たくましく育ってくれればそれに越した事はありません。


さて、タイトルと写真が全く関係ないものになっていますがご容赦ください。

僕のリュックの中にはいつも文庫本が一冊入ってます。
サイパンの場合、どこへ行っても必ずと言って良いほど「待ち時間」が出来ます。
そういう時には、少しでも日本語の活字を読もうと忍ばせている訳です。

ここ最近は、というか、以前にお客様より文庫本をダンボール箱一杯に送って頂いて以来、その中に頂いた「藤沢周平」作品が僕のリュックに常備されています。

以前にも述べましたが、以来、虜になっています。

「潮田伝五郎置文」は「冤罪」という短編集の一編ですが、今日それを読んで久しぶりに琴線に触れられた気がしました。昭和49年「小説現代」の10月号に発表された作品だそうです。
僕が生まれる1年と少し前の事です。

改めて、日本とは素晴らしいと思いました。
今の日本の状況を云々言うのではなく、こういう文学があるという日本をそう思うのです。誇りにさえ思えます。


もちろん、日本という国がこれを書いた訳ではなく、藤沢周平という人間を輩出しえた風土と、彼が小説の舞台として描いた様な時代を含む悠久の歴史が存在する日本が素晴らしいと思うのです。

なんとしてでも、子供たちに日本語を教えねばなるまい・・・

さらに、日本語だけが出来てもこれらを読んでも面白くないでしょう。その時代背景も勉強しないといけません。
僕が日本史を好んで勉強したかというと残念ながらそうではありませんが、日本で暮らす間に、学校やらテレビやら、色んなところで潜在知識として脳裏に残ったのでしょう。

ある意味、感謝してます。


と、長々と書きまして恐縮です。日本の家族に向けての、サイパンで暮らす僕の報告も兼ねさせて頂きました。


最後に、藤沢周平の小説をたくさん贈って頂きました方に、心から感謝と御礼を申し上げます。



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-04-24 20:03 | 家族 | Comments(0)

風邪引くまで粘った魚

e0024345_19383931.jpg

コイツはイロブダイの幼魚であります。

ダイビング雑誌なんかでもかなりアイドル的扱いを受けていますが、サイパンでもご多分に漏れず僕も是非とも激写したい!と思っていた魚です。

数的にも少ないのです。常夏のサイパンでも春から夏にかけてしか出会えません。(これは冬場には存在しない・・・という事を意味するのではなく、いるかも知れないけど目に付く所にはいない・・・という意味です)

ちなみに、成魚もめったに見かけません。
幼魚がそれだけ少ないという事は、必然的に成魚も少ない訳です。


というワケ有りの魚である為、ガイドとしては是非とも一枚ゲットしておきたい魚なわけです。。。


先日ラウラウに、コイツだけを狙いに2本、しかも75分ずつも続けて潜ってしまいまして・・・
いくら春になったとは言え、まだ水温が上がりきる前で・・・

案の定、風邪を引いてしまいました。。。ホント、減圧症になったかと思いました。


ガイドのくせに、そこまで粘ってこの一枚か・・・と言われても仕方ない一枚ですが。。。
次回こそは激写してみせますのでご勘弁ください。



ちょっと欲張りすぎた感があったな・・・反省



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-04-20 19:40 | ダイビング | Comments(0)

リゾートのイメージ

e0024345_21385100.jpg

久しぶりに、いかにもリゾートっぽい写真をアップします。

写真を撮る事は楽しいし、面白い。最近つくづくそう思います。何もダイビング中にだけ撮るのではなく、陸上でもです。
最近はダイビング誌を見る時も、魚の写真だけでなく、リゾートでのイメージ写真などの方が気になるようになってきました。

「これ、どうやって撮ってるんだろう・・・」とか「これ、どんなレンズ使ってるんだろ・・・」とか。

撮る人の感性や、思惑を探るのが面白くなってきました。


と、取り留めもない話ですが、僕のこの写真も今までにどこかで見た事があるようなないような写真です。が、イメージとして「こういう風に撮ってみよう・・・」というのはプールに入る前から持ってました。


真っ青な空と、そこに浮かぶ白い雲。そこに白いプルメリア。。。
まさにリゾート気分いっぱいです。


コンパクトデジカメと手持ちワイドレンズで、ここまでイメージに近い絵が撮れれば十分でしょう。欲を言い出すとキリがありません。

自分で言うのも何ですが、案外難しかったですよ。
背の立たない深さのプールで、水着一丁でですから。息を吸い込んでいると自分が沈めないし・・・。吐ききると溺れそうになるし・・・。


また新たなイメージを求めて・・・精進するとします。



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-04-17 21:42 | 独り言 | Comments(0)

初めての自転車 2

e0024345_22353682.jpg

と、そこへ次男坊ヒロトも現れ・・・

ヒロト:「マイ ターン・・・」

カイト:「・・・・・」

ヒロト:「ハリー・・・!」


が、上の図です。


e0024345_2236194.jpg

ヒロトもちゃんと乗れてるところに、また一人感激する僕。。。

でも、さすがに2台目はちょっと・・・・汗



daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-04-14 22:37 | 家族 | Comments(0)

初めての自転車

e0024345_22114883.jpg

しばらく前の、とある日の事。
父親らしく、子供らに自転車を買ってやった。

親戚の家なんかで同い年くらいの子供らが乗っているらしく、あまりにも誇らしげに「アイ キャン ライド バイク トゥ!バイミー バイク、バイミー バイク・・・・」と連呼するので、かなり奮発してしまった。。。


自転車屋では、いわゆる「コマ付き」の状態で置いてあったのだが、子供らをビックリさせてやろうと僕一人で店に行ったので、どの程度乗れるのか・・・確かめないままに、コマを外してもらって購入。
その分安くしてくれるかと言えばそうでもなく・・・乗れなければ、また付けてもらえば良いか、とコマは持ち帰りに。


学校から戻った時の、彼らの喜びようは凄まじかった。。。笑
親として、そこまで喜んでもらえると嬉しい限りです。


で、またその自転車に乗っている姿を見て、驚きと同時にこれまた凄く嬉しかった。
いつの間に乗れるようになっていたのか・・・

僕も記憶にあるが、最初はコマ付きで練習して、そのうちコマが取れるようになったのだが・・・。
その点は、さすがサイパン。

車の免許と同じで、乗れるようになってから免許を取りに行く、乗れるようになってから自転車を買うのだ。笑


ま、気をつけて、たくましく乗り回してくれれば・・・と切に願うばかりです。



ちなみにカイトは・・・「メイキット ハイァー! (もっとサドルを上げて)」と、足が届かないくらい高くしてくれと言ったが・・・

さすがにそれは危ないだろう・・・と、後で少しだけあげてやりました。



既に次のサイズの自転車を購入する日も、そう遠くないようです。。。嬉泣


daisuke
[PR]
by daisuke_yanai | 2007-04-13 22:13 | 家族 | Comments(0)