<   2009年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

メンデニィザ   ~北島遠征記 その2

e0024345_17311741.jpg
Farallon de Medinilla  (メンデニィザ)






新艇「サンライダー号」は、いかにも若々しいエンジン音を轟かせながら
鏡のように凪いだ海面に白い航跡を真っ直ぐに描き続けている。
それは、真っ青な空にジェット機が飛行機雲を描くのに似ている。

二つのプロペラから湧き上がってくる、力強く白濁したウネリは、
またいつしか大海原に吸い込まれるように消えていく。



サイパンの中心部、ガラパンにある港を出てから
1時間半くらい経った頃だろうか・・・

遥か後方に、そこに島があると認識して目を凝らさないと見えないくらいに
サイパンが小さくなった所で、前方にはうっすらと、まだ小さくではあるが
確実に島が存在するのが分かるようになった。



Anatahan  (アナタハン) だと言う。



実は皆、北島遠征と聞いてワクワクドキドキしながら勢い良く船に乗り込んだものの・・・
どこまで行って、どんなポイントで潜るのか・・・よく把握していなかったのだ。
出航してから、目指すはアナタハンの手前の島、メンデニィザである・・・と聞かされたのだった。

アナタハンは見えても、その手前(厳密にはアナタハンの右手側)に島など見えてこず・・・
聞くと、メンデニィザはアナタハンよりもずっと小さく、平らな島だから・・・との事。
メンデニィザが見えないのに更にその向こうにある、今でも時々噴煙を上げるアナタハンが
見えているという事は、アナタハンがそこそこ大きい島であるという事なのだろう。




ボートは相変わらず力強く航跡を描き続けている。
後方の景色はサイパンが見えなくなっている点を除けば、特に何も変わらないままだ。



僕は、いつになったらその小さくて平らな島が見えてくるのか・・・と、
二階席にあたる操舵席に上がり、キャプテンの傍らに陣取っていた。
僕の首に下がっているカメラをみて、「Nice camera・・・ナィコン(nikon)」と。


キャプテンはアメリカ人で、いつもニコニコしていてとても朗らか人柄だ。
僕に話しかける時はわざとゆっくりと喋っていてくれるのか・・・と思いきや、
誰と話す時も(相手がアメリカ人であっても)ゆっくりとした語り口調なのだ。


しばらくしてキャプテンが、「漁船か・・・?」と独り言の様に穏やかに呟いた。
キャプテン自身は以前にもその島に行った事があったはずなのだが・・・
この日はあまりにも海が凪いでいたせいで、ボートが予想以上に早く目的地に
近づいていたのかも知れない。自分の目を一瞬疑った後、


「Oh~、メンデニィザだ・・・」 と。



僕もキャプテンに指された方に目を凝らしてみた。
確かに船のようにも見えるが・・・動いてなさそうだし・・・。


その頃には左前方にアナタハンの影がさっきまでよりもくっきりと見えていたのだが、
メンデニィザと思われる影はアナタハンと比べてはるかに小さく、船と見間違えるほどの大きさだった。
その小さい方の影が、アナタハンよりも手前にある島だというのだから・・・
メンデニィザの大きさが推測される。




キャプテンがデッキにいる者達に、目的の島「メンデニィザ」が見えてきたことを告げる。




その小さかった影も少しずつではあるが確実に大きくなり、
くっきりとした島の輪郭が見えるようになってきた。




おぉ・・・遂に来たか。。。





それまでうたた寝をしていた者も、デッキ後方でぼんやりとしていた者も
こぞって前方が見える場所へ集まりだした。

出航した直後にボートを覆っていた興奮が、再び目を覚ましたようだった。










出航してから2時間半。




僕らはメンデニィザの息吹を感じられる海域に到達していた。。。













その3へ続く・・・













daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-28 19:09 | ダイビング | Comments(0)

北島遠征記

e0024345_17444013.jpg


台風8号の影響も薄れて、マリアナ諸島近海が
ベタ凪ぎになった8月中旬のある日、北島遠征が敢行された。


サイパンの属する北マリアナ諸島連邦は14の島から成るそうで・・・
南から順に、ロタ、ヤギ島、テニアン、サイパンと並び、それより北の島々を
「Northern Islands (北島諸島)」と呼んでいる。
今でも時折噴煙を上げる、アナタハンなどもある。



もちろん、僕自身、初遠征であった。


昨年からサイパンに就航したダイビングボートが、日頃のご愛顧に感謝して・・・
という意味もあるのだろうが、インストラクターを集めて北島遠征計画を打ち出したのだ。

総勢25名ほどだったか。スピアフィッシングでも数名乗り込んでいた。





午前6時集合、6時20分出航。
こんな朝早い時間帯からボートに乗ったのも初めてだったと思う。
まだ暗い中ではあったが、ボートが海面を滑るように進むあたりからして
この日がいかにベタ凪ぎであったか・・・今日、北島遠征をせずにいつするのか、
という程の海況。まさに奇跡の海況だった。


午前7時過ぎ。後方にサイパンが遠のいていく。
周囲は一面の大海原。ここまで外洋になると多少のウネリや波もありそうなものだが・・・
ボートは揺れることなく、新艇らしいスピードを保って滑走する。

サイパン島を、海の上からこんなに離れて眺めたのも勿論初めてだったので・・・
そのどんどん小さくなる島を見つめては・・・



あぁ、あの陸地が普段僕が寝起きしてる所なのか・・・と。


何やら感慨深いものがあった。笑






出航してから1時間程も経った頃には、各々が発していた出航時の興奮も少し冷めていた様で・・・。


遠くをぼんやりと見つめながら、物思いに耽っていらす方や
朝が苦手なのか、タンクに寄りかかって眠る方など。。。

ボート上には凪いだ時間が流れていた。









目指すは北島諸島の中で、一番サイパンに近い島・・・



Farallon de Medinilla




現地の人が メンデニィザ と呼ぶ島である。
ボート上の殆どのダイバーが初めて潜る場所・・・



どんな地形なのか、大物は棲んでいるのか、流れは速いのか・・・


そんな期待感を胸に、遥か遠くに小さくなりつつあるサイパンを眺めながら
同時にそれは、目指す島に刻々と近づきつつある事を意味するのだ・・・と。



まだ見ぬ島と、今日一日、これから繰り広げられるであろう冒険に思いを馳せる僕なのでした。














その2へ続く・・・













写真は、そんなボート上でのスナップ。
この日は、ここぞとばかりに陸用・水中用にカメラ2台を持って乗船。

自身初の撮影小旅行にもなった。。。笑











daisuke 33









※25日付けで「ガイド会ブログ」アップしました。是非ともご覧下さ~い!

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-25 18:59 | ダイビング | Comments(4)

命題

e0024345_18524945.jpg


先日、イチローがHRを打った際の記事で、

「そんなレベルで野球してませんから・・・」という風に発言したとあったが・・・



彼くらいの選手になると、何と言うのか、ある意味、達観しているのだと思う。
もちろん、野球に対しての情熱というか、彼にしか理解し得ないレベルというのか、
そういう次元で野球に取り組み、物事を考えているのだと思う。


イチローだって、野球選手でもありながら、一人の男であり、人間でもあるわけで・・・


彼なりの価値観、人生観の中で生きているはずで。





別に、イチローくらいにならなければいけないとか、そういう達観ともいうのか、高いレベルに
達しないといけないと言っているわけではなく、少なくとも、何をするにしても
あるレベルで物事を成している人間には、その人にしか味わえないというか、
その人にしか理解し得ない次元の感覚というのがあるのだろう・・・と。




なので、先のそのイチローの発言にしても、いわゆる一人の記者が
「イチローさん、HRが出て良かったですね~・・・」的な会話の中で出たのだろうと。
普通だったら、「いやぁ、打てて良かったです・・・」とか言うところを、イチローだからこそ
そういう答えになったんだろうなぁ・・・と勝手に想像してます。






上の写真、オビテンスモドキ(若魚)。背景、黒抜き。


オビテンスモドキを普通に撮ろうと思えば、いくらでも撮れる。
が、僕の中で、何とかコイツを黒抜きで撮れないか・・・


と言うか、ガイドだったらそのくらいのレベルで撮ろうという心意気を
持つべきではないのか?と。


決して、「どうだぁ~、こんなの撮れたぞ、凄いだろぁ~・・・」ではなく。。。


もし自分が、少なくとも水中写真を撮るダイビングガイドだと思うのなら、
これくらいは撮れなくて何がガイドだ・・・と、自分に命題を課すつもりで
撮ったのです。





このブログをご覧頂いているサイパンのガイド諸氏皆様。
僕がカメラを持ってダイビングしている時、どんなの撮ってるんだろぉ・・・
とお思いなら、こういうの狙ってます・・・とお伝え申し上げたい。





もちろん、まだまだこれから鍛えないといけないのだが・・・

とりあえず、ダイビングガイドとして生きるつもりなら、
やはり、ダイビング界のイチローを目指したいところなのです。


その中で、自分の価値観、人生観が出来上がってくるのだと。







それが僕が言うところの、ダイビングを通じての精神世界であり、
それを伝播していく事こそ、ダイビングインストラクターの使命であると。。。






また話が抽象的になってきてますが、ま、僕という人間は
そういう事を思いながら日々、ダイビングしてます・・・という事で。







長々と失礼致しました。














daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-21 19:35 | 水中写真 | Comments(0)

子猫物語

e0024345_17363363.jpg


僕は何とも分かりやすい人間でして・・・
2日に一回のペースでブログの更新が続いたと思ったら、
また暫く音沙汰が無くなったりする。。。


ま、お蔭様でお盆休みなどもあり、何かとバタバタさせて頂いていたりしたのですが。。。


暫く更新が無い時などは・・・

「あ、どうせ大介、またなんかモヤモヤしとんのとちゃうか・・・」


くらいに思っていて下さい。笑







そうそう、そんなこんなな中、髪も切ったりしまして。。。
また今はルパン3世みたいになってます。
演歌歌手っぽくもあるかも知れません。。。



あと、最近の出来事としまして、先日「北島」に行ってきました。

北島というのはサイパンの北方に並ぶ島々の事で、僕が(厳密には僕らが)潜ったのは
その中でも一番手前に位置する「メンデニィザ」という島です。


振り返って、サイパンが遥かかなたに見えるか見えないかくらいの所まで行くと、
その行く手に、目を凝らしてようやく見えてくる所に位置する小さな無人島です。



数年前にサイパン島を船で一周した時以来の旅だったかもしれません。笑




その話なんかも、またの機会に水中の写真も交えてお伝えします。










とりあえず、今回の写真はマリアナビーチの子猫ちゃんで。

ピン甘ですが、ま、イメージとして。








daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-20 17:38 | 独り言 | Comments(2)

そろそろ晴れるか

e0024345_16413720.jpg



夕べは久しぶりにぼんやりとした月が見えた。
雲がかなり薄くなってきている為に、ぼんやりと見えたのだ。


そんな久しぶりのぼんやり月をみて、明日はいよいよ晴れてくるかも・・・と、
自分なりに予報してみたのだった。





朝は目覚ましが鳴る前に目が覚めた。
何時なのか確かめるべく時計の位置を探りながらも、
ぼんやりと見える部屋の中の様子が、この時間帯にしては、
ここ暫くは無かったほどに明るいのに気づいて、


お・・・晴れたか・・・と。


小鳥のさえずりも確かに聞こえて・・・


あぁ、夕べの俺の予報もまんざらではなかったか・・・と、
まだ半分夢の世界に居たままに思ったのだった。





午前中の天気は良い感じで、久しぶりにプールサイドを歩く自分の影も濃く映ったのだが・・・
またどこからともなく雲が流れてきたりして、午後はまたパッとしない天気となった。



自分の予報など、やはりそんなもんか・・・と。汗







マリアナリゾートのプールサイドにも、このお盆休みを
サイパンで過ごそうというご家族連れの姿が多くなっている。

曇り空の下でも元気にプールではしゃいでいる子ども達の姿を見ると、
この子達の為にも、何とかサイパンらしい日差しになって欲しい・・・と。
青い空と眩しい太陽を見せてあげたい・・・と。








どんよりと雲が広がった空を見ながら、ひそかに

「明日こそ晴れてくれ・・・」と。








祈ったりしていた今日の僕でした。














daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-08 17:46 | HDR | Comments(6)

人生予報

e0024345_15343124.jpg


今朝もドシャ降りの雨からスタート・・・

ここまで雨、曇りの日が続くと・・・
気持ちもどんよりしてきますな。。。


衛星写真を見る限り、明日もこんな感じかいな・・・と。

このままだと、空が青いものであるという認識まで失せそうです。




が、この雲の塊が消えるか過ぎ去れば・・・
そこには真夏の日差しと青い空、青い海が待ち受けているわけですから。。。


じぃ・・・っと辛抱も出来るというもんでしょうが。




人生には、そんな予報などあるはずもなく。

ま、占いとかはその類かもしれませんが、衛星写真の様に
予報できるものでもなく。。。




晴れるかどうか分からない空を眺めながら、じっと耐えるしかない様で。。。



このまま晴れないかもしれないし・・・
明日、晴れるかもしれない。



どこぞの国みたいに、打ち上げれば雲をも消せる・・・
そんな秘密兵器を手に出来れば良いのですが・・・。



そんな期待は宝くじを買う様なものかと。。。笑










とりあえず、晴れてくれ~・・・













と、写真はログ付けでの一コマ。
とりあえず、ログでも付けましょか・・・的な。笑













daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-06 15:52 | イメージ | Comments(0)

雨、雨、雨・・・

e0024345_17411511.jpg



なんや雨ばっかり振っとるやないか・・・

さすがにそろそろ晴れてくれんと・・・



布団も干されへんわ。







何やら日本の南の海上で台風8号だそうで・・・
(やっぱり台風になりやがったか。。。)



サイパンも、この雲にやられてました。。。










さて、僕の今年の8月のスローガンを・・・



「何とでもなるわな・・・」



とさせて頂きたく存じます。







この開き直りが大事でしょう。。。笑







それではまた~










daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-04 17:49 | HDR | Comments(2)

Tanker

e0024345_17321069.jpg



今日もサイパンは灰色の雲に覆われています。


日中には時折、雲が薄くなった部分からサイパンらしい暖かい光が差したりもしたのですが、
また直ぐに次の雲がその薄い部分を埋めていく・・・という感じで。

風が吹いてきたな・・・と思うと、案の定雨が通り過ぎていく、というところです。


西側にはうねりが押し寄せ、事務所の前にいても砕ける音が聞こえてくるくらいです。






さて、写真の消防車。
前々から「カッコええやんけ・・・」と思っていて、いつか撮ってやろうと思っていたのですが。。。

ちょうどHDRを試し始めたところだったので、遂に、わざわざ撮りに行ってきました。笑



それにしても・・・
消防車がこんなイカツイ車である必要があるんかいな?



幸いにも、出番も少ないであろうに・・・。
ま、何事にも備えておくのは大事ですが・・・・


サイパンの場合、新型のパトカーも然り。
(今度撮って来ます)

GMシボレーのトレイルブレイザー・・・って。。。


トランスフォーマーか思たわ、ホンマに。驚







とにかく、スカッと晴れた空に白い雲ポツポツ・・・な写真が撮りたいこの頃です。










daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-02 18:03 | HDR | Comments(0)

August 1st

e0024345_10581414.jpg



今日から8月か・・・


今年は雲が多いな。
台風になりそうでならない、天気予報風に言うと
いわゆる発達した低気圧とでも言うのか。。。


ミクロネシア広域にわたって雲が広がっているこの頃です。


ま、それがサイパンで言う雨季なのだろうから・・・
別に驚くことでもなく。。。



今も未明からの雨が、時に激しく降り続いています。







さて、今日8月1日は嫁と三男坊リュウトの誕生日です。



親戚ん家でBBQを予定してくれているそうだが・・・
この雨でどうなるやら。






とにかく、ハッピーバースデー・・・・と。











嫁はこのブログ、初登場かも。笑















daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-01 11:16 | 家族 | Comments(4)