命題

e0024345_18524945.jpg


先日、イチローがHRを打った際の記事で、

「そんなレベルで野球してませんから・・・」という風に発言したとあったが・・・



彼くらいの選手になると、何と言うのか、ある意味、達観しているのだと思う。
もちろん、野球に対しての情熱というか、彼にしか理解し得ないレベルというのか、
そういう次元で野球に取り組み、物事を考えているのだと思う。


イチローだって、野球選手でもありながら、一人の男であり、人間でもあるわけで・・・


彼なりの価値観、人生観の中で生きているはずで。





別に、イチローくらいにならなければいけないとか、そういう達観ともいうのか、高いレベルに
達しないといけないと言っているわけではなく、少なくとも、何をするにしても
あるレベルで物事を成している人間には、その人にしか味わえないというか、
その人にしか理解し得ない次元の感覚というのがあるのだろう・・・と。




なので、先のそのイチローの発言にしても、いわゆる一人の記者が
「イチローさん、HRが出て良かったですね~・・・」的な会話の中で出たのだろうと。
普通だったら、「いやぁ、打てて良かったです・・・」とか言うところを、イチローだからこそ
そういう答えになったんだろうなぁ・・・と勝手に想像してます。






上の写真、オビテンスモドキ(若魚)。背景、黒抜き。


オビテンスモドキを普通に撮ろうと思えば、いくらでも撮れる。
が、僕の中で、何とかコイツを黒抜きで撮れないか・・・


と言うか、ガイドだったらそのくらいのレベルで撮ろうという心意気を
持つべきではないのか?と。


決して、「どうだぁ~、こんなの撮れたぞ、凄いだろぁ~・・・」ではなく。。。


もし自分が、少なくとも水中写真を撮るダイビングガイドだと思うのなら、
これくらいは撮れなくて何がガイドだ・・・と、自分に命題を課すつもりで
撮ったのです。





このブログをご覧頂いているサイパンのガイド諸氏皆様。
僕がカメラを持ってダイビングしている時、どんなの撮ってるんだろぉ・・・
とお思いなら、こういうの狙ってます・・・とお伝え申し上げたい。





もちろん、まだまだこれから鍛えないといけないのだが・・・

とりあえず、ダイビングガイドとして生きるつもりなら、
やはり、ダイビング界のイチローを目指したいところなのです。


その中で、自分の価値観、人生観が出来上がってくるのだと。







それが僕が言うところの、ダイビングを通じての精神世界であり、
それを伝播していく事こそ、ダイビングインストラクターの使命であると。。。






また話が抽象的になってきてますが、ま、僕という人間は
そういう事を思いながら日々、ダイビングしてます・・・という事で。







長々と失礼致しました。














daisuke 33

[PR]
by daisuke_yanai | 2009-08-21 19:35 | 水中写真 | Comments(0)
<< 北島遠征記 子猫物語 >>