キャプテン




e0024345_20395288.jpg





先日のキャンプ序盤での一コマ。


向こう側、イデホ選手。
昨シーズンの韓国リーグ本塁打王(44本)。打率3割6分4厘で首位打者。
09年WBC、先の広州アジア大会の代表メンバーです。


手前、ホン ソンフン選手。
元韓国代表、フリーエージェントで3年前(?)に人気球団であるロッテジャイアンツに移籍。
韓国のイチロー的存在。チームのキャプテン格。




この日、イデホ選手は練習中に足首を捻挫。ずっとアイシングをしてました。
大事には至らなかったようですが、練習後に選手達がマウンドを囲んでミーティング。
解散後、ホン選手がイデホ選手を呼び止めてまた暫く立ち話。(説教と思われる)




僕も暫くは傍観していたのですが。
ちょっと長いな・・・というくらいの時間でして。
居合わせた取材陣も遠くから二人の様子を窺っている感じ。


まぁ韓国のスター選手がこうして差しで話をしているのですから。
シャッターチャンスであるには違いありません。







やっぱりこういうの大事ですよね。
大人になっても、誰かガツンと言ってくれる人がいないと。
ましてやチームプレーとなると尚更でしょう。個個がバラバラではいけません。


怪我の具合がどうこうと言うよりも、おそらく精神論的な話でしょう。


この時期に怪我なんかしやがって。気が緩んどるんとちゃうか。とか。
首位打者、ホームランキング、韓国代表としての自覚を持って練習せい。
サイパンやからって、浮かれてるんちゃうぞ・・・みたいなかどうか知りませんが。





次の日の練習ではにこやかに言葉を交わしていた二人を見て、キャプテンとしての
ホン選手の役割というか存在価値を見た気がします。
イデホ選手も、叱ってくれる存在に感謝する日が来るに違いありません。




ちなみにこの写真は大きくプリントして、お二人にサインしてもらいました。
世界に一枚の韓国版「イチローとゴジラ、二人のサイン入りプリント」ですね。
















家宝にしますよ。笑
















daisuke 35

[PR]
by daisuke_yanai | 2011-02-12 21:06 | 風景 | Comments(0)
<< 僕の哲学 インタビュー >>