2010年 05月 13日 ( 1 )

カンピューター

e0024345_1682158.jpg



GWが過ぎてからというもの、めっきり観光客が少なくなったサイパンです。
まぁ飛行機が少ない上に小さいわけですからある意味仕方ないところなのでしょうが・・・

ある意味、産業テロとでも言えるのではないでしょうか。笑
航空各社も諸事情によりサイパン便を飛ばせないのでしょうが。


と、そんなわけで、在サイパンダイビングスタッフにとってはまさに今がGWといった感じでしょうか。



僕もここ数日はかなりゆっくりさせて頂いておりまして・・・
まぁ、天気も良いし・・・と、久しぶりにカメラを持ってダイビングに行かせて頂きました。




ここは一発、ドカ~ンと深場へ行ってみるか・・・と。
が、実は最近は大事にしていたダイビングウォッチもその天命を全うし・・・
その上に予備でボトムタイマー代わりに使っていたアラジンも電池切れの様で・・・。



ん~・・・そんなに困った事ではないのだが、どうしようか。。。と。



で、結局僕のカンピューターを頼りに行ってきました。グロット50m。



最近、ヘルフリッチが少ないんですよね・・・
以前は40m辺りを探せばそこそこいたのですが。
その分、ハタタテハゼがやたらと多い。今年はハタタテハゼの年かもしれません。



コンピューターが無いのに、なんで50mと分かるのか・・・とお思いのアナタ。
一応これでもそこそこサイパンの海でガイドとしてやっておりますので、深度計など無くても
ある程度の水深は分かります。ましてやグロットなど・・・深場も含めて何度行ったか分かりませんし。


窒素の溜まり具合は・・・と言われますと、これこそ勘です。
いくらコンピューターがまだ大丈夫・・・という表示でも、その時の体調などによってはダメな場合もありますし。


身体の具合で、「あぁ、そろそろかなぁ・・・」と。あともちろん、エアの具合でも。




久しぶりにヘルフリッチを狙いましたが・・・
初めてカメラを手にして意気揚々と狙いに行った時の感覚が蘇るようでした。

やっぱり良いですね・・・あの深度下での格闘。笑

ただ僕も少しは撮り方を心得たのか・・・バカ打ちしなくなりました。
以前はストロボ用電池の充電も満タンにして、限られた時間内でとにかく打ちまくる感がありましたが。

今日はシャッター切ったのは10枚に満たないくらいだったと。
初めからそのつもりでストロボ用電池も前のまま。(おそらく3ダイブはしてます)

この気構えからして、少しは心得てきたか・・・と思う所以です。


結果は上々。



コンピューターを気にする必要も無いし・・・
だからこそ無理にとどまらずに自分の身体に相談しながら。


減圧停止も含めて、安全停止もどのくらいしたら良いのか目安も無いので。
とりあえず潜水時間も気にしなくて良いからエアがギリギリになるまで安全停止。

コンピューターが「OK」になったから・・・と言ってそそくさと上がるよりはかなりマシだったはず。
(仮にコンピューターを持っていてOKになっても、僕はいつもそこからまた少し停止しますが)





ちょっと話が逸れますが、ここで僕の持論を敢えて極論として申し上げますと・・・


現地ガイドだったらコンピューターなんか要らねぇ・・・でしょ。
時計で十分なり。
逆に、コンピューターが無いとガイドが出来ない様ではまだまだ現地ガイドとは言えんな。

まさか深度を見る為にコンピューターを付けてる・・・とかいうガイドがいたら・・・
イチから出直して来い・・・級でしょう。



と、夕べ嫁と大喧嘩して少々イライラしている僕なので大口を叩いてますが。笑
(↑全然関係ないですかね・・・笑)









とまぁ今日は、常日頃から精度に磨きをかけようと努めている僕の勘ピューターのお蔭で
良い写真が撮れました・・・と。









でもやっぱり、時計だけはあった方が良いな・・・笑












daisuke 34

[PR]
by daisuke_yanai | 2010-05-13 17:01 | 水中写真 | Comments(6)